ソースデータ(エクセルファイル)を開いてください。必要に応じ、キーワード等でフィルタし、分析対象データを確定してください。